SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2009年

01月18日

(日曜日)

NPO女の空間にお邪魔します

スペースFとして発足して8ヶ月、わひね開店してまだ4ヶ月余りなのに
図々しくNPO女の空間おしゃべり会(3月20日(金)13時~15時)
にお邪魔することになりました。
(いいのか、わひね管理人?)

過去のおしゃべり会に登場した方々に匹敵するものを持ち合わせない
「スペースF/わひね」ですが、
これまでの方々にあやかれるかどうか、
こんなゆるゆるの活動がどう受けとめられるか、
ともあれ推薦してくれたみっちさんに全ての責任をおっかぶせて(^_^;)
ありのままお話してきま~す。

今日のわひねはおおむね暇でしたが、
「気になってたけど今日ようやく来れました」という二組の方や
リピーターの方、気に入ってくださればこの上もなくありがたいです。

2009年

01月18日

(日曜日)

わひね映画館続報

わひね映画館のお知らせをしましたが、
"P"ことプロデューサーのTさんから
各監督のコメント(メッセージ)が届きました。

「バーカウンターの女」
監督:石毛 麻梨子
上映時間:15分 
バーカウンターごしの3つの短編集


「クローバー橋 」
監督:小林 宏彰 上映時間:10分 
この作品には、いつ死んでもいいと思っていながら、
タイミングが来ずにまだ生きている男と、
自分が死んだことに気づいていない
幽霊の女2人が登場します。
死んでしまえば、われわれという存在は、
あとかたもなく消滅してしまうのでしょうか?
あるいは、そうかもしれません。
しかし本作では、死者と生者が会話できる世界を想定して、
そこから見えてくる何かを捉えようとしてみました。
ぜひ、何も考えず、作品に流れる時間に身を任せながら、
人物たちのやりとりを見つめてみてください。
そして見終えたあと、
何かしら心に残る言葉や風景、表情などがあるとしたら、
とても嬉しく思います。


というわけで?
みなさん、彼らの作品の初お披露目に立ち会ってみませんか?

2009年

01月14日

(水曜日)

15cmの上のちいさなアートの世界

明日1月15日(木)~27日(火)玉川高島屋のルーフギャラリー
てのひらの上のアート ARTLAND on 150×150
(15cm角の上の小さなアートの世界)という
イベントがあります。石井さんハガキ

知人の石井香久子さんが出展しています。
石井さんの作品はこのようなファイバーアート。
15cm2

15cm.jpg

詳細はこちらで↓
http://www.jtc-ac.jp/Pages/Member_folder/ishii-kakuko.html
http://www.spinn-aker.co.jp/gallery-spin/artisit/sct/ishii/top.html
http://www.showcasegallery.jp/artist/023/023_profile_set.htm
お近くの方はぜひお立ち寄りください。

2009年

01月08日

(木曜日)

自主制作映画の上映会第1弾!

お待たせしました!
自主映画の“P”のTさんより広報です。
映画製作者の石毛さんが彼女のことを“P”と呼ぶので
P音が必要な言動が多いのかと思いきや(^_^;)
畏れ多くもプロデューサーの略だったんです。
業界用語ですか?
(プロデューサーのイメージからは・・・厳しいのう、Tさん。)

自主制作映画と聞くと昔は「映像にこだわった」「頭でっかちの」
「シュールな雰囲気で」「演技してるようなしてないような」と
ちょっと引いてしまったかも。
以前の私はそんな映画を見るのが結構好きでしたが。
勿論映像に凝っていたりする作品も多いと思いますが、
私たちが試写した作品は見た後あれこれ話しをしたくなる
内容でした。
一見の価値十分です。土曜の夜お待ちしてます。

*********************
わひね映画館 第1回上映会(寸劇のおまけ付き)

 わひね映画館では、まだ大人になれない監督たちがつくった、
 まだ見ぬ自主映画たちを上映します。

日時:2009年1月31日(土) 18:30開場 19:00開映
 場所:カフェわひね
 ☆上映作品☆
  「バーカウンターの女」(15分) 監督:石毛 麻梨子
    「クローバー橋」(10分) 監督:小林 宏彰

 ★おまけの寸劇★
  「代理人会議」(20分)

2009年

01月06日

(火曜日)

明けましたね、2009年

テンプレートをめまぐるしく変えてすみません。
これまでのも含めて皆様の感想を聞かせてくださればありがたいです。

今年の千葉は三が日とも晴天で
近くの浅間神社(せんげんじんじゃ)への初詣も
人出が多かったようです。
せんげん通りのお店は三が日の間、閉まっているところが多いです。
わひねは元旦から営業(パチパチパチと自画自賛)
とはいえ、元旦は風冷たく強く、人々は足早に帰途へ着く様子。
初詣で初めて"わひね"の存在に気付いてくれる方は多かった
ようですがわひね店内からの定点観測の法則通り
じっと外のメニュー表を見たり店内の様子を伺う人は
入店してくれませんですねぇ。

昨日は正月明けで日常に戻って、
今月末に開催する若い作家さんの自主制作映画上映会
の試写をしました。
その際スタッフが集まったので、去年を振り返って
"こんな不思議な人が来た"ランキングをやりました。

不思議なたたずまいのいい感じの
若者のくれた名刺を拝見して嬉しさに仰天
大道芸人なのか、はたまた仙人なのか?
お供を連れた詩人の方などなど。
今年はどんな出会いがあるでしょうか、楽しみです。

上映会については近日中に詳細をお知らせしますが
1月31日(土)午後7時からを予定しています。
自主制作映画の上映と即興劇もあるかも。
肩の凝らない楽しそうな時間になりそうです。
チケット制ではなく自由参加ですのでご都合のつく方は
ご参加ください。



HOME