SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2008年

12月31日

(水曜日)

来年もよろしくお願いします。

年々年の瀬の慌ただしさが感じられなくなってきたように思えます。

今日わひねの大掃除もどきの片付けしました。
年末の飾り付けをはずして一新。
清々しく新年を迎えられそうです。
とはいえさほど変わってないと言われるかも^_^;

9月にオープンして
初めて尽くしの日々でした。
いろんな人との出会いでなんとか続けられそうです。
ここを訪れる人が、わひねでやれることの可能性を拡げていけたら
何より嬉しいことです。

来年もよろしくお願いします。

2008年

12月26日

(金曜日)

わひねでのパーティ仕様

12月は忘年会やクリスマスなどパーティ・宴会が多いでしょうか?

わひねでもいくつか予約をいただいて実施しました。
人数は10人~15人、予算は飲み物付きで3500円ぐらいから。
メニューは
冷たいお料理として
ピクルス、チーズとハムの盛り合わせ、サーモンマリネ
温かいお料理は
キッシュ、野菜ピザ、ソーセージピザ、クリームチャウダーなど
デザートは
果物、ミニバナナクレープなど です。

料理や飲み物持込もOKです。
その場合は予算に応じます。
料理も飲み物もすべて持ち込みで場所だけ提供という場合は
1時間千円(光熱費等として)いただいてます。

テーブルセッティングはこんな感じです。
party.jpg

party2.jpg

party3.jpg

2008年

12月26日

(金曜日)

気が早い凧?インスタレーション

先日23日祝日定休日に
わひねスタッフやスペースF会員、賛同者の方々と
懇親会&忘年会をしました。
(別名わひねスタッフだけの場合は自称魔女会議)
(魔女自認の方は参加資格ありですよ?!)

その折に展示したインスタレーションをそのままにして、
店内の壁や天井に不思議な絵やコラージュがあります。

innsuta.jpg

innsuta2.jpg

innsuta3.jpg

innsuta5.jpg

沢月芸生香さんが今年ワークショップやアーティスティックセラピーなどで
制作したものが中心です。
入り口のガラスのものなど一部ははずしてありますが、
年内展示しています。
紐で下げてあるので凧のようにも見えます。
来店したお客さまが「凧の季節ですね~」と。
沢月さん、「凧のようにわひねの中から浮かび上がるイメージです」と。

わひねでは書架の上を展示ギャラリーとしてお使いいただけますが
こんな風に店内を使っていただくこともできますよ。

昨日の夕方来店された方たちは、京成稲毛駅近くで
障害を持っている人もそうでない人も一緒に
牛乳パックで紙漉きをしてカードや絵を描いている
活動をしてらっしゃるそうです。
いずれわひねで展示してくださるかもしれません。
またひとつ地域でお知り合いが増えました。

2008年

12月20日

(土曜日)

上映会もできますよ(^^♪

朝の冷え込みがきつくなってきました。
みなさんの体調はいかがですか?

わひねスタッフはわひねの仕事でのストレスがほとんどないせいか
あれこれ忙しい割りに病気知らずで心身ともに
そこそこ元気です。
“そこそこ”ってところがポイントですよ。

昨日、スペースF会員のTさんがプロデュースする
自主制作映画の上映会を1月にやることがほぼ決定。

来月頭に試写して“わひねコード”に抵触していないか
わひね基準をクリアしているかを判断して
(なんてエラソーなんでしょ、私たち(^^ゞ)
上映会を実施しようという方向です。
お楽しみに。

2008年

12月18日

(木曜日)

「女たちと森」ワークショップ

今年も押し詰まってきました。
明日は「わひね」初の忘年会のご予約が入っています。
わひねらしさを出せるメニューを考えています。
気に入っていただけたらよいのですが。。。

すでにお知らせしているように
「わひね」は年末は28日まで営業です。
年始は元旦!(大丈夫か?)11時から午後3時くらいまで。
浅間神社に初詣の前後にお立ち寄りください。
おしるこなども用意する予定です。

年末の慌ただしさの中で忘れないうちに
決まっていることをお知らせせねば。

telinaraku.jpg
来年2月11日(水・祝日)にフィリピン・ミンダナオ島の女性たちを支援する
カフティの会森田さんのワークショップをわひねで開くことになりました。
午後1時から4時まで。お飲み物付きで参加費500円です。

わひねに来店なさる多くの方が目に留められるティナラク織は
植物採取から染、織り、全て手仕事です。
伝統織物を受け継いでいる女性たちの仕事や暮らしを
スライドで見ながら、彼女たちが作り上げて、
森田さんが時に命の危険を感じながら運んできた製品の数々を
見せていただきます。
(日本ではほとんど報道されませんが、フィリピンでは
少数民族の独立運動と政府軍との対立が時に激化しているとのこと)

わひねスタッフもティナラク織の小物を使っていますが
しなやかで丈夫です。
伝統の柄は蛙や蛇や虫など動物を図案化した柄で、
ティボリ民族の、母から娘へと受け継がれた文様をモチーフにしています。
一つとして同じ柄はなく味わい深い色合いです。

2008年

12月17日

(水曜日)

わひねでは喫煙を忘れられる?

愛煙家の方には申し訳ありませんが
茶処(Book cafe)わひねは店内では
喫煙ご遠慮くださるようお願いしています。

スタッフに喘息の者がいるということもありますし、
小さなお子さん連れの方もいらっしゃるので
よろしくご協力ください。

かく申す管理人も昔はコーヒーと煙草は分かちがたいものと
思っておりましたが、
たまたま手元に煙草がなくてそれほど渇望せず過ごせて、
ならば部屋も汚れず金銭的にも周囲への影響もよい
と半ば消極的禁煙、現在に至ります。

わひねで過ごすひとときの間、煙草を我慢するというより
忘れてしまうことができるかもしれませんよ。

2008年

12月15日

(月曜日)

フェルトドール

好評だった遠藤ちひろさんの「まめてん」が終了しました。
これからも定期的に季節にちなんだ「まめてん」を
実施してくれるということです。お楽しみに。

今日からフェルトドールを展示しています。
ニュージーランド直輸入の羊毛から作ったフェルトを使った
作品です。

フェルト展示壁

フェルト展示壁2

フェルト展示壁

わひねでは「月曜日はニットカフェ」を実施していますが
目下のところはフェルトドール作りです。
作品を店内に並べていると、気がついた方から
「平日は参加できないから日曜日にやってほしい」
「この作品は売ってるんですか?」とお問い合わせをもらいます。
このフェルトドールの指導をしてくれる沢月さんが
来月から4月半ばまでニュージーランドですから
他のスタッフもフェルトドールのコツなど
少しでもマスターできればと思っていますが・・・
いずれにしても、わひねでは“講師と生徒”という関係ではなく
お互いにアイデアを出し合って
自分のペースで時間を使う、というコンセプト?ですから
色々チャレンジしてみてください。
(毎度のことながら人任せの管理者ですみません(^_^;))
もし自分で作るより完成したものがほしいという方は
スタッフにお尋ねください。

で、フェルトドールで語られる物語を“わひね”カレンダーにしました。

カレンダー2009

カレンダー20092
4ヶ月ごとに写真が変わります。開いた状態でA4サイズです。

omake.jpg
プチフェルトドールのおまけ付で400円です。
(おまけはプチドールから1点選べます。早い者勝ち?)


2008年

12月12日

(金曜日)

かぼす

かぼすがたくさん入荷したので
ご来店のお客様にもおすそ分けしていましたが
ほとんどなくなりました。

わひねで確保した分で
12月限定(評判がよければ来年も続けられるか)
かぼすのゼリー、かぼすホットドリンク始めました。
ビタミンCたっぷりです。
ホットドリンクは蜂蜜入れてほんのり甘くしてます、
でもさっぱりしてます。
すっぱいもの好きな方には気に入ってもらえると思います。
(自信満々でだいじょぶか?)

2008年

12月11日

(木曜日)

1月から・・・

Space:Fの大きな柱のひとつに
沢月芸生香さんのプログラムがあります。

わひねという安心できるスペースを使って
アーティスティックセラピーなどをこれまで実施してきました。
沢月さんは1月の上旬から3ヶ月間ニュージーランドに
行くことになりました。
その間わひねでのワークショップやセラピーなどは
お休みになります。
何卒ご了承ください。
4月半ば、再び開始する準備ができましたら
またお知らせいたします。
ニュージーランドからの便りなどアップする予定ですので
お楽しみに。
なお、ニュージーランドでのワークショップも実施されます。
関心のある方はこちらをご覧ください。
NZワークショップ

2008年

12月11日

(木曜日)

アートしながらリフレッシュしましょう!

千葉市女性センターまつりのメインイベントの
「私たちはゆるやかにつながり・・・表現する」で
女性たちのアート魂に火がついたところで?
次はいよいよスペースF企画の
「アートしながらリフレッシュしましょう!」ワークショップです。
12月6日(土)午後3時45分~5時45分

参加者は小学生低学年から50代までの10人。
スタッフ入れて12名で共同作業しました。

始まりは身体ほぐしから。
今日の自分の体調や気分をさぐりながら
自分の弱ってるところや痛みを感じるところを大事にケアしたり。
絶好調!な小学生2人をはじめ、参加者は概ね体調良好でしたので
ワンさんチームとニャンさんチームに分かれて
垂らし絵の開始。

赤・青・黄の三原色の絵の具を大きな模造紙に
各自が好きな道具で垂らしていきます。
ベタッと塗るのではなく、ぽたぽた、ぼたぼた、ばさばさ
ぴゅぴゅ、ぺっぺっぺ とにかく無心に垂らします。
紙を斜めにしたりストローで絵の具を飛ばしたり。。。
そうするうちに色が混ざったり伸びたり拡がったりします。
で、紙の周りを歩いて色んな角度から眺めていくと
なんだか見えてくるものが・・・
それを思いつくままに形をかたどったり際立たせたり
そしてチームの皆にシェアしていくと不思議なことに
物語ができてくるんですよ!
ニャンさんチームは大きな魚が真ん中にいて
周囲にもいろんな虫や海の生物や
マリリンモンローや悲しみを抱えた人も・・・
アートワーク

ワンさんチームは蛇行するロケットや蝶や鳥など
空を飛ぶものが見えて、さらにオバマさんかと思える人間も。
アートワーク2

「旅」の文字を発見してくれた人が語ってくれた物語が素敵でした。
あなたには何が見えてきますか?
アートワーク3
参加してくださった方々ありがとうございました。
面白そうだと感じられた方は
わひねでもアートワークショップやっていますのでご連絡ください。


2008年

12月11日

(木曜日)

千葉市女性センターまつり

12月6日は臨時休業して
午前中は千葉市美術館のさや堂で開かれた
「もうひとりの私」絵画展をみにいきました。
やむにやまれず吐き出すように表現することが
生きる支えとなっているのか、苦しみを増加してるのか。
対峙できるパワーがないとヤラレそうな作品もありましたが、
絵画の展示だけではなくとてつもない
ほとんど大道芸のような紙芝居パフォーマンス(^^♪も体験。

午後1時からは
実行委員会企画 出光真子さん&深澤純子さん対談
「私たちはゆるやかにつながり・・・表現する」
~私がつくるパートナーシップ~
に参加してきました。

こちらのサイトに
http://hitoridemiru.spaces.live.com/blog/cns!66538A6927CC5ACF!404.entry
対談の様子について素晴らしいレポートと感想があります。

私はごく私的な感想を。
場内からの感想にもありましたが、出光真子さんの作品は
海外の映画祭などでは上映されることがあっても
日本では一般公開されることがほとんどなく
DVDかビデオテープで小さいモニターで見る機会しかありません。
それを今回女性センターの大きなスクリーンでみることができて、
既に見たことがあったのに、かなり違う印象で迫ってきました。

わひねでもプロジェクターを備えることができたので
この日に来場できなかった方にもぜひご覧になる機会を
設けるたいものです。

対談のタイトル“ゆるやかにつながり”という言葉が
気に入ってます。
表現するってかなり個人的なことだと思っている人が多いし
実際そういう部分が強いと思うけれど
“ゆるやかに”つながることで、表現されたものがいろんな人に
届いていく、拡がっていく・・・
そんなことをじんわりと感じてきました。


2008年

12月11日

(木曜日)

Daniel with Haruki Live についてお詫びとお知らせ

先月末にお知らせしましたが
昨日予定していたDaniel with Haruki Live が当方の事情で
中止になりました。
ブログでの広報と
直接チケットを購入していただいた方にはご連絡していましたが
昨日の夜に直接のわひねにご来店くださった方、
お電話いただいた方にはまことに申し訳ございませんでした。
閉店後のシャッター等に中止の掲示をし忘れてしまいましたし
留守電にも入れておくべきでした。
対応の不手際を深くお詫び申し上げます。

Daniel with Haruki が12月22日(月)千葉駅から徒歩3分の
京葉銀行文化プラザ(旧ぱるるプラザ)でLive をやります。
1階のプロムナードで19時から入場無料です。
こちらにもぜひご参加ください。

12月22日ライブチラシ(ネット)[1]

わひねでもまた彼らの演奏を聴けるようになんとか
工夫したいと思います。


2008年

12月03日

(水曜日)

またまたお詫び、「女たちと森」延期のお知らせ

12月11日(木)に予定していた「女たちと森」第一弾
「グァテマラの森といのちを育むマヤナッツのお話」を
まやちらし
諸般の事情により、
ゲストの大田さんがグァテマラから戻られる
来年2月または3月に延期することになりました。

11日、時間があったら行ってみようと考えてらした方が
いらっしゃったら申し訳ございません。
日程が決まり次第あらためてご案内しますので
その折にはぜひご参加ください。


2008年

12月01日

(月曜日)

もうひとりの私絵画展

わひねの近くにとても美味しいパン屋“ひびき”があります。

わひねでドリンクにおつけしているクッキーと
クリームチャウダーセットにつけるドイツ風くるみパンは
福祉ショップ“ひびき”から
仕入れています。
“ひびき”のパンのファンは多いんですが
営業日・営業時間が限られているので、
わひねでも購入していただけるよう、
数に限りはありますが、クッキーとドイツ風くるみパンを
販売しています。

その“ひびき”が中心になって開催される絵画展が
千葉市美術館1階のさや堂と11階講堂で開催されます。
「もうひとりの私」ひびき美術展
12月5日(金)・6日(土)午前10時~午後6時
入場無料です。お近くの方はぜひご覧ください。
スペースFのメンバー沢月芸生香さんのワークショップもあります。
(5日13:00~15:00)
主催は「心に平和を実行委員会」
NPO法人地域生活を支援する会“ひびき”
問い合わせ:福祉ショップひびき
〒236-0031 千葉市稲毛区稲毛東2-16-33
℡043-242-5453(担当漆原さん)

HOME