SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2018年

01月18日

(木曜日)

広辞苑と三浦しをん

販売開始早々、LGBTの説明誤りの残念なニュースですが、
新・広辞苑、「LGBT」の説明に誤り 岩波書店が修正を検討

個人的に手を回して?入手した予約特典非売品付録、三浦しをん執筆の「広辞苑をつくるひと」😂
ちゃんと岩波文庫の装丁(よく見ると多種多様の生き物が‼︎)、
カバーには「をも見よ参照(図書館用語)」?のような手指のイラストがうっすら描かれている!
広辞苑5
三浦しをんの探訪シリーズのスピンオフ?「舟を編む」の読者ならずとも興味津々!

小冊子といえども、本にまつわる仕事の末端にいる人間にとってはマニアックな情報満載だ。
三浦しをんが取材するのが、岩波書店本社の編集部ではなくて、言葉の差異(特に"動詞")にこだわり語釈や用例を担当する国立国語研究所、初版刊行時から活字を開発してきた大日本印刷、辞書のイラストを担当してきたデザイナーと監修者、本体を入れる函を作る製函所、そしてラストは製本会社、というラインナップがイイ!

紙ベースの辞書が好きだけれど、言葉を言葉で言い換えただけにしか思えない不全感を抱く事が多い。
今回国立国語研究所のインタビューの章を読んで、研究者もそこのところをなんとか改善しようと、並々ならぬ苦心と努力やこだわりをもっている様子に触れて、予想以上の途方もない時間や労力に驚くとともにワクワクした。

「ほかの言葉を借りないと、ある言葉の説明はできない。でも言葉を使えば使うほど、意味が逃げていくような気持になることがあります」・・・
 語釈を書くときのポイントとして、「なるべく短く、端的に」というのはもちろんのこと、「むずかしい単語は使わない。語釈に出てくる単語の意味がわからず、また辞書を引かなきゃいけない、という事態が起きないよう、なるべくわかりやすい単語を使って説明する」というのが重要なのだそうだ。
(第1章 国立国語研究所 言葉の差異に萌える辞書の猛者)

特に"動詞"の語釈を検討する女性3人チームの奮闘には目から鱗が落ちた。ってか、これまで辞書の編纂に携わってきた歴史を思えば男性目線での辞書作りであったから、特に"家事用語"などが抜けおちていたり大雑把なのだ。
今回のLGBTの説明誤りの件でも、"名詞"の分野担当に、ジェンダーや性への正確な見識が備わっていれば防げただろう。
「舟を編む」でも若い女性(映画では黒木華)が編集者の一員となって新たな視点が広がっていたことを思えば、三浦しをんの辞書への思いがさらにわかってくる。

2017年

12月20日

(水曜日)

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話

「ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話」

ほの暗い永久から出でて 生と死を巡る対話

「精霊の守り人」も最終章、佳境に入っております。

そんな折に、上橋菜穂子の往復書簡集が発刊。

読み始めてみて、先に進むのが少し怖くなっているところです。私はどこへ連れていかれるのか・・・

上橋菜穂子と、彼女が癌を患った母をなんとか助けるべく奮闘する中で偶然に知己を得た、聖路加の気鋭の漢方医、津田篤太郎との対話(書簡のやりとり)です。その"偶然"に"物語"があることにも不思議な力が働いたのか・・・

二人の文章力に引っ張られて、思考を揺さぶられながら読了。

二人の抱くイメージと、私が似たような感触を持つとしても、それは二人洞察のレベルには深さも広さも全く遠く及ばないとはわかっていても、自分が今感じている日々に対する思いがシンクロしているようで、気分が落ち着きました。

「精霊の守り人」が放映されて、視聴者から、この物語の中に、ナユグという、この世と重なり合って存在するもう一つの「目に見えぬ世界」があることを、どういうものか想像できないという声が生まれていくことを目にした上橋菜穂子が大学でのエピソードを挙げていて、それはとても納得のいくものでした。

「私は、十年ほど、大学のゼミで、学生さんたちに『ハリー・ポッター』とル=グウィンの『ゲド戦記』を読んでもらい、様々な角度から議論させてきましたが、『ハリー・ポッター』は読めるけれど、『ゲド戦記』が読めなくて脱落する学生さんが、毎年現れます。

~~主人公ゲドが学んでいく魔法は、世界の均衡に深く関わる、いわば「目に見えぬ」力です。世界がなぜこう在るのか、誰もまだ見出すことができていない何かが、この世にはあるのではないか―そういうことを想像して、はじめて、強い衝撃とともに胸に迫ってくる「魔法」なのです。その魔法の在り方に困惑して、「先生、ル=グウィンって下手だね」と、言った学生さんもいました。

~~目に見えないものを想像するのは本当に難しい。受け手として想像することが難しいだけでなく、目に見えないものは、その存在を伝えることもまた、とてもとても難しい。そして、育ってきた文化が違うと、「想定の箱」も、また変わってくるようです。


まぁとにかく、人間の在りようについてこれまでも色んな人が様々に語りついでいて、腑に落ちたり疑問を投げかけたりしてきたわけですが、二人の思索が巡る言葉はじわじわと響いてくることが多く、以前はほとんど具体的にイメージできなかった"死"について、少しずつ向き合うことが多くなってきた今の時点の私にありがたい方向を示してくれるようでした。

リアルタイムで2017年の今を、地球的に生きとし生けるあらゆる生命体や、人間が生み出して今や人間をコントロールしシステム化するかも知れない人工物AI も含めた視点をもって、"生"に向き合っている二人の話。
冬の長い夜にじっくりと読むと、ほの暗いところに追いやられているような最近の状況に、少し違う視野をもたらしてくれると思います。時間が許せばぜひ。

2017年

12月02日

(土曜日)

戦う姫、働く少女

戦う姫

扉のファンタジックなイラストに思わず手にした一冊。
著者や版元の編集者の狙い通りに引っかかってやりました。

著者が自身のブログで記載しているように

これまで一応「英文学者」としてやってきた私にとって、この本は大きな出発となります。ポピュラーカルチャー論であり、ジェンダー・フェミニズム論でもあるのですが、それ以前にこれは新自由主義論でありポストフォーディズム論です。その点でじつのところ、私の中では、これとは全く違う種類の本である前著『〈田舎と都会〉の系譜学──20世紀イギリスと「文化」の地政学』と問題意識は通底しています。

かなり直近の映画やアニメまでをジェンダー視点で読みといて、刺激的でした。なかなかに学術的な色合いが強いところも多々あって、まっ、論理的分析的考察が述べられているところは、斜め読み・飛ばし読みしてしまいましたが・・・
「新自由主義」と「ポストフォーディズム」というキーワードが何度も何度もしつこく出てくるので、「新自由主義」の意味を自分が的確に捉えているか不安になりつつも、この文脈で使うのはどうよ?!と突っ込みつつ。
ジブリの宮崎駿と高畑勲の作品に登場する姫や少女を対比しているところは、自分が見ていないものも含めて再度見直したい気にもさせられましたし。

何より、著者がポストフェミニズムの時代を意識して、これからの世界に何が必要か、何をもって戦うかという核心に迫ろうとしている熱さが伝わってきて面白く一気読み。

2017年

09月17日

(日曜日)

LGBTを読みとく クィア・スタディーズ入門

クィアスタディズ


ようやく読了。たくさんの付箋と充実した時間。私にしては頁を行きつ戻りつしながら、途中で投げ出さずじっくりと読み終えて満足。新書で200pちょっとのボリュームながら内容の濃さは1年間の講義を聞いた印象すらおぼえる。
学問の意義の一つとして、個々人の生活をよりよくするための道標となることと捉えるなら、この本はとても手に取り易くわかりやすく開かれた成果だと私には思えて、十分に理解できたかどうかは自信がないが、セクシュアルマイノリティのことを考える時、かねがね思っていたいくつかの疑問がほぐれる手立てをもらうことができたし、これまでより少し広く深いところまで連れていってもらった思いだ。

クィア・スタディーズの基本理念を何度も繰り返し確認しながら、学問のめんどくささを体感しながら、"知ること"によって、"わかったつもり"の自分の曖昧さを崩し、小さいながらもしっかりした確信をもてる。しかしその確信も確定せず、つねに修正していかなければならないということもクィア・スタディーズの本領だということは、これまでの自分が漠然といだいていたことがあながち間違いではなかったという事にも通じていて、安心もできた。

著者は、本編のまとめの章で、読者がこの本で知ったクィア・スタディーズの基本を携えて自分の事象、テーマに向かって行くことを勧めている。クィア・スタディーズが、セクシュアルマイノリティの社会運動にその多くを負っているため、世の中をよくすることを強く志向する側面があり、そこに、現代の行き詰った状況をなんとかできるかもしれないという望みを持って。。

とても丁寧に書かれている本を紹介したいと思いながら、己の文章力が拙くて、ちゃんと伝えられずもどかしいが、ぜひぜひご一読を。

2017年

07月19日

(水曜日)

女を観る歌舞伎

女を観る歌舞伎
女を観る歌舞伎1


歌舞伎の若手を見るのが楽しみなミーハー歌舞伎ファンです。先立つものが乏しいので年に数えるほどしか行けません。それも幕見席。最近は話題の舞台は幕見席の完売率が高くて無駄足になりスゴスゴと引き下がることもあります。モノによってはシネマ歌舞伎で見られることもありますが、今一つ臨場感が不足するのは否めず。。。
さて、八月の納涼歌舞伎、新作目白押しで、暑さの中、幕見席並ぶのが大変そうだなぁ。。。

酒井順子の著書にはいつも頷くことしきりでチェックしていますが、歌舞伎本を書いているとは気が付かなかった!速攻で読了。
歌舞伎の観方の王道からは外れているかもしれないが、さすが酒井、実に融通無碍です。江戸時代の戯作者の思惑や心理の洞察に大いに納得できます。私も、華麗で荒唐無稽でありえない展開の芝居が好きですが、酒井さんの読みの深さ・広さ・想像力の羽ばたきは刺激的。彼女があげている芝居にはいくつか私も見たものもあり、紙上に繰り広げられる目から鱗の解釈が、なんとも心地よくて、歌舞伎の観方がさらに面白くなってきました!
柚木 麻子 (作家)の書評が、酒井順子の筆力をしっかり捉えてくれていてありがたい。
http://books.bunshun.jp/articles/-/2617

HOME →次ページ