SpaceFわひね(wahine) 

一人ひとりが思いを、あるときは共有し、あるときは自由にたゆたう。。そんな場所をめざして 

2017年

07月30日

(日曜日)

ミーハー歌舞伎好き

ミーハー歌舞伎好きです。
そんな私にまたもありがたい本が出版されています。

乙女のための歌舞伎手帖
乙女のための歌舞伎手帖


ここに登場する書き手のいずれもが発する言葉は「とにかく見ておくれ」ということに集約されます。

酒井順子の「女をみる歌舞伎」にもあるように、江戸の下町の歌舞伎見物気分で見ることが最大のポイントです。
贔屓の役者で見るもよし、配役で見るもよし、演目で見るもよし、小遣いためて行こうよ!

酒井順子の裏読みに倣って、男たち戯作者の意図を読み取り、
縛りが多かった時代の女たちのせんない自己陶酔の業におもいをはせるもよし、
荒唐無稽なストーリーに驚愕して口をあんぐりさせるもよし。

2017年

07月30日

(日曜日)

茨木のり子

茨木のり子、去年は没後10年。
名前と有名な詩「倚りかからず」とか「自分の感受性くらい」、「わたしが一番きれいだったとき」くらいは知っている。
が、その凛として正しい在り様に憧れの念も抱きがちだけれど、いかんせん正しい人は苦手です。。。
と思いながら手に取ったこの2冊で少し近しい気がしてきました。現代詩界の向田邦子ですな。

私は一人遊びを楽しめると自分で思ってはいるのですが、本当に一人になった時、
茨木のり子のようにしっかりと生きられるかどうかあやしいものです。自分に超甘いからなぁ・・・
でも、茨木のり子ですら揺れ動いていた(当たり前だけど)ことを知ると安心する(勘違いだな)。
ともあれ、自分にハッパをかけたい時におススメです。

茨木のり子没後10年(文藝別冊)
ibaragi.jpeg


茨木のり子の献立帖
茨木のり子の献立帖

戦後まもなくの日々で、給料日前はカツカツなのに、とても精神的には豊かな食生活を営む知恵と勇気の人だ!

私の手帖は哲学的でも詩的でもないが、」夕餉のメニュー(酒の肴?)は毎日記しています、ま、覚書で。

2017年

03月08日

(水曜日)

3月8日は国際女性デー

「国際女性デー」と検索すると、あちこちでイベントをやってます。。。

3月8日は世界中で「女性がいない日」に?

東京ではこれに賛同してウィメンズ・マーチ東京が開催されます。私も参加するつもりが私用で行かれず残念。
こちらでも案内がありました。
http://www.sdgscampaign.net/news/event/686/

内閣府男女共同参画局後援(実は音頭取りか)のこちらは金かかってるなぁ・・・いやはや HAPPY WOMAN FESTA って??
大勢動員されるんだろうなぁ
ゲストにはあの人の名前も。。。現状では欠席だよね。。。

2016年

09月28日

(水曜日)

一緒に歩きましょう

11月6日(日)
むらさき

2016年

09月28日

(水曜日)

少年の名はジルベール

竹宮恵子の「少年の名はジルベール」
ジルベール

小学校に上がる前からすぐ近くにあった貸本屋のマンガを読み耽っておりましたが、もっぱら少年漫画。少年画報とかキングとか。
親が心配して当時発刊されたばかりの週刊マーガレットなどを買ってくれたものの、それほどはまらず。
小中学~高校大学も少年サンデー、マガジン、チャンピオン、ジャンプ、漫画アクション、ビッグコミック・・・
基本的にナンセンスマンガが好みなのでストーリーマンガには食指が動かず、少女マンガ24年組のマンガを同時代に読んでいませんでした。
(あ、24年組じゃないけれど、「エースをねらえ!」「ベルサイユのばら」は友人の部屋で貫徹して読んだこともありましたっけ)

30前後になり、マンガ好きなご近所さんが多くなり、それから少女マンガにシフトチェンジしていきました。とはいえ本格的に少女マンガを面白く読めるようになったのはこの数年。

竹宮恵子が「風と木の詩」を世に送り出すためにこれほど葛藤していたとは。
萩尾望都たちと暮らした日々の後半、精神的に追い詰められながらもがいているヒリヒリした状況に、読む者は自分の若き日のやるせなさを追体験する気分も味わされてしまいますが。。。

40年以上前に45日間4人でヨーロッパを旅した話には大いに刺激されました。
「トーマス・クック時刻表」の英語版と「ヨーロッパ鉄道の旅」しか情報がない中、崩壊する前のソビエトを横断し、経費を節約して旅を続けたことの達成感は、情報収集が簡便な現代では得難いものでしょう。
かねてより珍友と妄想していた長期の美術館巡りの旅を、なんとか体力がある今の内に実現せねば!

HOME →次ページ